東北みやげ煎餅とは

自社工場のご紹介〜伝統の技と最新の品質管理。焼きたての南部煎餅を工場直送でお届けします

良質の原材料を安定確保

特定農産加工業経営改善臨時措置法の下、日清製粉(株)と事業提携を結んでいます。そのため、世界情勢の変化に関わらず良質の原材料を安定して確保することが可能です。製品の安定供給ができますので、安心してお取引いただけます。

最新式の専用ライン

広大な工場の中は最新式の製造ラインが隅々まで走り、従業員の細やかなチェック体制のもと、生地の配合から焼成、包装までをスピーディに行っています。

安心の品質管理システム

焼き上がった南部せんべいは、全て金属探知機を通過してから包装するため、異物混入の心配がありません。お客様に安心してお召し上がりいただけるよう最新のシステムで管理しています。

窒素ガス充填包装

焼きたてのおいしさを、より新鮮に保つため、不活性ガスを充填包装し酸化防止の特殊包装処理をしています。

南部せんべいができるまで〜製造工程をご紹介します


  1. 原材料を準備、配合

  2. 生地を攪拌

  3. 胡麻や落花生の上に生地をプレス

  4. 生地をカット

  5. 自動アームで型に運び、焼成

  6. 1度目の金属探知機

  7. 焼成後のせんべいをラインで搬出

  8. 運ばれてきたせんべいを目視検査

  9. 割れ等がないか確認し、包装ラインへ

  10. 窒素ガスを充填して包装

  11. 包装後、2度目の金属探知機

  12. 表示等を確認して箱詰め

  13. 出荷

東北みやげ煎餅では、厳選した原材料と最新式の製造ライン、徹底した品質管理体制のもと、美味しさと安心を全国の皆様へお届けしています。また、消費者ニーズに対応した新商品の開発にも取り組み、事業拡大のため日々努力を重ねています。